更新

  • 0

  • フレーバー 0

    フレーバー

  • 食事 0

    食事

  • 栄養商品タイプ 0

    栄養商品タイプ

クレアチン

15 results

クレアチンは、最も爆発的なエネルギー形態であるATPを創り出す身体の一部に自然に存在するものです。 クレアチンは赤味肉から摂取することができますが、必要量を満たすには、含有量が高いクレアチンサプリメントを摂るのが実用的です。

クレアチンは誰に効果的か?

クレアチンは、世界中で最も研究が進んでいるサプリメントの一つです。 異なるスポーツ分野の個人一人一人を対象に臨床治験を何百回と行い、試験に合格したもののみが商品化されるため、誰しもが納得するものとなっております。

クレアチンは短時間の連続的な高負荷エクササイズにおいて、身体能力を向上することが科学的に証明されています。 そのため、様々なスポーツ選手や一般のユーザーがクレアチンサプリメントを摂取しております。ボディビルダーから短距離走者まで、またスポーツ性能を高める目的の方々が利用しています。

クレアチンは、スポーツ性能を向上するために最適なサプリメントです。成果や実績面での違いを生む競争力を与えます。 弊社で最も人気のあるクレアチンサプリメントは、クレアチンモノハイドレートとなっております。

クレアチンベースのフォーミュラ

スポーツ性能をを効率よく高めることのできるクレアチンは、多くの場合、プレワークアウトフォーミュラに分類されます。 例えば、私たちのCreapumpは、クレアチン(Creapure®)5gと炭水化物・アミノ酸(シトルリンリンゴ酸、アルギニン、タウリン)20gを組み合わせています。

もう一つの例としては、先進的なプレワークアウトフォーミュラ、MYPREです。これは、身体性能を向上するクレアチンを4gだけでなく、BCAAやその他必須アミノ酸に加え、固形カフェインも含有しております。

クレアチンベースのフォーミュラは、トレーニングで違いを生む従来のクレアチンサプリメントに対する優れた代替品です。

クレアチンはいつ摂取するべきか?

一般的にクレアチン摂取は次のような期間で構成されています。最初の5日間にクレアチン20g(一日を通して1回に5gずつ計4回)、これは、「クレアチンローディング期」として知られています。その後の数日間は、5gを摂取します(「メンテナンス期」)。 ただし、最近の文献では、ローディング期はなくてもよい、とされているものも見受けられます(その場合、筋肉細胞がクレアチンを最大限取り入れるまで長い時間がかかります)。

最良の結果を得るには、炭水化物が豊富なドリンクと一緒にクレアチンをぜひご飲料してください。

もっと読む

検索ヒントと使って試行してください。

  • キーワードは間違いがあるかを確認してください。
  • もっと少ないキーワードを使ったら検索はもっと広くなります。
  • 検索しているアイテムは中止されたことができます。